HOME > ブログ > 8ページ目

ブログ 8ページ目

季節とカラダPart2

こんにちは。
また東洋医学の話が増えてきている、HIROSHIMAストレッチの楠本です。

今日は昨日の続きです。
これから梅雨の時期に入りますね。ジメジメして自分は嫌いです(笑)洗濯物も乾きにくいし。
梅雨の時期は他の時期より湿度が上がりますね!
ということはこの前の六淫の話、覚えてますか?

今回は察しの通り『湿邪』についてのお話です。

この湿邪、結構厄介です。
むくみ、下痢、関節の重だるさなど結構多岐に渡る症状を生み出します。
湿邪には3つの特徴があります。

1.重濁性(じゅうだくせい)
2.下注性(かちゅうせい)
3.粘滞性(ねんたいせい)

これらの性質が最初の症状を生み出す原因です。
重濁性により重だるさが感じられやすく、下注性により下肢など身体の下に症状が出やすく、粘滞性という性質によりなかなか症状が治まりにくい。
なかなか嫌な感じでしょ(笑)?

じゃあこの対策をどうするか。
この場合、余分な水分を排泄させたり、血のめぐりを良くしてあげることを考えます。

やはり一番いいのは運動すること、筋肉を動かしてめぐりをよくすること。
いつもより長めに歩くとか、早歩きするとか、バスの停留所をいつもより一つ前で降りて歩いて出社するとか。
そういう形で運動習慣をつけましょう。
あとはストレッチも効果的です。筋肉の伸び縮みがうまくいくと筋肉がポンプの役割をして血のめぐりを良くします。

カラダが重だるくなる前に、というのが一番いいですが
もうすでに重いよ‼という方、ご相談ください。
ストレッチを取り入れてめぐりを良くしてカラダを軽くしましょう!



身体の機能について【足がつるってどんな状態?】

こんにちは、広島ストレッチ政本です。 
だいぶプライベートな内容が続いたのでそろそろ身体の事に戻ろうと思います。 
今日は足がつるってどんな状態なのかについて書いていきたいと思います。 
簡単にいうと足がつるのは【筋肉の勘違い】によっておこります。筋肉の中には【筋紡錘】という筋肉の伸びを感知するやつがいます。
筋紡錘『筋が伸びたぞ!!!縮む命令を出すよう伝令を出せ!!』【実際には伸びていない】【勘違い】
脳脊髄命令『筋よ!!!縮め!!』
筋肉『ふっざけんなぁ!!伸びてもないのに縮む命令だしてんじゃねーよ!!い、痛い痛いーーー!』

ということで筋紡錘の勘違いのせいで筋が痛い目にあうという構図が『足がつる』という状態です。

じゃあなぜ勘違いを起こすのか? 
これには諸説ありますが、ここでは自分が有力そうだと思う2つを紹介します。 
一つ目は電解質の乱れ…細胞内外のやり取りでナトリウムカリウムポンプというのがあるんですがこれが乱れることで結果的に足がつるという状態を作ります。よく水分不足とか言われるのはこの電解質バランスの不均衡を戻すために言われています。なので本当は真水というよりはより身体の成分に近い生理食塩水系の飲料が良いと思います。

二つ目は身体の使い方習慣によるもの…出た~~~政本大好きの習慣のお話。足も結局つりやすい人、つりにくい人がいるわけですね。同じ運動量でも結果が違うその違いは身体の使い方にあるということです。特に四肢メインの身体の使い方をしていて無意識の力みが強い人はつりやすい傾向にあります。

実は寝違えになりやすい人などにも関連していたりもするのでまたどこかで説明していきたいと思います。

ではまた

季節とカラダ

こんにちは。
ついこの間から東洋医学のバイブルをもう一度読み始めた、HIROSHIMAストレッチの楠本です。


今日は東洋医学のお話を少し。
『風邪を引く』ってあるじゃないですか?
東洋医学では外因と言って自然界にある気候が過度になると人体を侵害するという概念があります。
自然には風・寒・暑・湿・燥・火という六気(りっき)があり、これが過度になると六淫(りくいん)になります。
六淫になると
風邪(ふうじゃ)・寒邪(かんじゃ)・暑邪(しょじゃ)・湿邪(しつじゃ)・燥邪(そうじゃ)・火邪(かじゃ)
に名称変更されます。

はい、出ました。風邪(東洋医学ではふうじゃと言います)、ありますね!
首肩周りには風という字が付くツボが沢山あります。

風府(ふうふ)、風池(ふうち)、風門(ふうもん)など。
このツボから風邪が入ってくると身体の体表面を侵害して、悪寒、発熱などのよく言われる風邪症状が出てきます。

これからの時期、暑くなってくるので暑邪にやられることが考えられますが、ここで考えておくべきは風邪と寒邪です。

その原因は『エアコン』です。

自然の気ではないですが、エアコンからの『風』と『寒さ』が風邪と寒邪になる可能性が考えられます。
なのでエアコンの風が直接当たる場所にはいないようにする。
デスクとかが決まっていてどうしても動けない場合はストールなど巻いて首元に直接風が当たらないように、冷やさないようにという対策などもできます。
家ではドライヤーの風で温める(火傷には注意です。)とかシャワーなどで重点的に首と肩の境目あたりを温めるとかでもいいと思います。

夏風邪は恐らく冷たい物の過食、過飲が原因のひとつですが、こういうエアコンによる体表面の冷やし過ぎも考えられます。


東洋医学ではこんな解釈もされてます。他の邪についてはまたお話します(笑)
気温がどんどん上がり体調管理が難しいですが、なんとか乗り切りましょう!

映画鑑賞~キングダム~

こんにちは。今の所推しているキャラは『政』です、どうもHIROSHIMAストレッチの楠本です。

院長の身体についてなどのブログの合間にプライベートのブログをぶち込みます(笑)

先日、映画キングダムを鑑賞してきました。
マンガはかなり人気ですよね。アメトーークでもキングダム芸人してましたしねhappy02

どんな話かはキングダム読んだり、映画観に行ってください(笑)
秦の始皇帝の話です。

戦闘は剣の時代ですから、剣技のアクションがとても迫力あって面白かったです。
何より吉沢亮の1人2役がよかった。微妙に演じ分けている感じがちゃんと伝わってきましたnote
この映画で吉沢亮好きになる人多いんだろうなと思います。
自分もその一人です。政役の吉沢亮が好きというだけですけどね(笑)
映画キングダムおススメです!


映画が面白かったので今更ながらキングダムを読み始めました(笑)

ある程度史実に基づいて描かれているでしょうから、マンガで勉強するというのもありですね!
春秋戦国時代はあんまり勉強してないのでキングダムから中国史だけでなく世界史にハマり始めるかもしれません。
日本史の面白いマンガってないんですかね?
オススメがあったら教えてください。よろしくお願いしますsign03

長所と短所は裏表?いや、どうだろう?って話

こんにちは、広島すとれっち 政本です。 
今日はまたまたプライベート投稿になりますが長所と短所について書いていきたいと思います。
仕事上(面接とか、面談とか)や婚活とか、要所要所で長所と短所の話って出てきますよね。 
短所と長所は裏表なんてことはよく言われていて比較してみると
【アクティブ・盛り上げるのがうまい⇔自己中】
【周りをしっかりと見る能力がある、徹底的に調べる⇔一点突破力・行動力が無い】
【優しい⇔優しすぎ(笑)】
長所を見ていくと必ず反対側が現れるように良い所があるということは必ず悪い所があるということになります。まさに陰陽ですね。そしてそれは見る人によって180度変わるという事です。
【あの人ってなんか暗いよね⇔あの人ってミステリアスだよね!】
【あの人は何でもハッキリ言ってくれる人だから好き⇔あの人はズバズバ言ってくるから傷つく】
見る人によってこうも変わるわけです。勿論その前に信頼関係なんかもありますが…。
何が言いたいかというと長所とか短所とかはあまり気にする項目ではなくて自分という人間に自信を持てる状態を作っていくことが長所や短所の底上げになるという事だと思います。
自分に自信を持てる状態?これはどういう状態なのか?前回アドラー心理学のブログを書きましたが人間の悩みの全ては対人関係に帰属しています。そのことを考えると自分に自信が持てる状態というのは『他者貢献から受け取ることができる』と考えられます。普段の感謝の言葉や資本主義社会で言えば数字、他者との関係であらわれる成功体験それらが自分に自信を持てる状態を徐々に作って底上げていきます。
自分に自信を持てる状態から本当の意味での『他者貢献』に繋がった時にアドラーさんの言う共同体での存在が認識できるんではないかと思います。 

ちょっと話は逸れましたが、人によって見方の違う長所とか短所はあまり気にする必要はなく自分自身の底上げに力を注いだほうが圧倒的に人生は楽しくなるよ!
というお話でした。 

ではまた。

人間の脳の不可思議さ

こんにちは。ストレッチ整体専門店HIROSHIMAストレッチ政本です。 
今日は人間の脳ってクリエイティブだなぁって余談を話していきたいと思います(笑) 

動物ののうと人間の脳で大きく違うのは前頭前野の発達もあるのですが、まだまだあります。それが前頭葉から側頭葉などにかけての広さ、中間の領域の広さです。クリエイティブの元はこの中間領域にあるとも言われています。 
例えば動物が食べ物を見たとします。食べ物を見た瞬間に脳の中では
ねずみ・・・目の前に食材がある→食べる
となります。 
しかし人間の場合は
人間・・・目の前に食料がある→食べる・調理する・アートする
などなど選択肢が沢山でてくるわけです。
これらを生んでいるのが中間の領域の広さからと近年では言われています。

更に人それぞれ物の見え方が違う。同じ景色を見ていても全く異なる考えに行きつく。
自分がなぜその答えに辿り着いたのか?っていうのを自分で振り返ってみるのは面白いかもしれませんね。 

という余談でした。 

最近はまたどんなブログを書こうか迷い中です。自分の創造性をもっと働かせていかないとなぁと感じています。(笑)
ではまた。

【我慢】は前頭前野を萎縮させる?それとも鍛える?

こんにちは、広島ストレッチ政本です。
前回お話した前頭前野を鍛える方法の続きです。 
鍛える方法として【我慢】する、そして【我慢した後の思考が大事】だと書きました。 
一時の感情を我慢するここまではやろうと思えば結構誰にでもできますよね。しかしただ我慢するだけでは前頭前野は鍛えられません。この後の思考が大事です。
どういうことかと言うと我慢した原因について【俯瞰して考える習慣】これが前頭前野を鍛えるからです。なにか相手に怒りたい出来事があったとして
『ここは!前頭前野を鍛えるために!我慢やーーーー!』
と一時的に我慢したとしてそのことを振り返らずに我慢した自分に満足して放置していると【なぜ自分が感情的になったのか?そのことについて考える】という最も大事な部分が抜けるからです。実は我慢を我慢で終わらせるとそれは前頭前野にとっては逆に委縮させる結果になってしまいます。下垂体や副腎による本能的なストレス反応レベルでの対応がメインになるので前頭前野への神経伝達よりもそちらの方をメインとする習慣になってしまい、前頭前野への神経細胞が委縮、反応への神経細胞が肥大という本末転倒な結果になります。この結果俗に言われる副腎疲労などをおこして体調を崩す。
『我慢した自分がバカをみる』
とはまさにこのことです。なので我慢から先の【なぜ?】を俯瞰して考える習慣を身につけていくことが前頭前野を鍛えることになります。人間の脳というのはとてつもなく創造性豊かです。
是非実践してストレスを乗り越える脳をつくっていきましょう!!
次回は少し脳のクリエイティビティについて余談的な感じで書いていきたいと思います。

続・疲労感。 前頭前野を鍛えるおススメの方法は?

こんにちは。広島ストレッチ政本です。
今日は昨日に引き続き疲労感についてお話をしていきたいと思います。前回話した疲労感には2つの種類がありました。肉体的疲労とメンタル・脳系疲労の2つです。今日は後者のメンタル・脳系疲労について深掘りしていきたいと思います。
前提として脳の栄養素としてブドウ糖、酸素が必要なこと(代謝の過程でビタミン等々も必要ですがそこは省きます)。その副産物として活性酸素が出来ますがその処理が追いつかないと各部位で悪さをしてそれが疲労感として現れるということ。
その対処として休養や前頭前野を鍛えると良いということでしたね。
ここで考えて欲しいのがそもそも酸素供給量が少ないとストレスフィルターとしての対応が難しいということです。なので呼吸は大事です。呼吸については過去に沢山説明していますので是非読んでくださいね。 
そしてもう一つ、
【前頭前野を鍛える】
これはもうなかなかアグレッシブな表現ですよね。 前頭前野というのは一言で言えば【クリエイティブ】です。人間らしさとも言えるのですが、感情のコントロールやアイデア、状況判断、などなど様々な人間的要素を盛り込んだポイントがこの前頭前野です。なのでこの前頭前野を鍛えるということは、ストレス耐性ももちろんですが考える力もつくというお得なトレーニングになります。 
【自分が実践してきた鍛え方】
ではここで自分が過去に実践してきた鍛え方についてシェアしていきたいと思います。
・利き手と反対の手を使う…ご飯を食べる時や字を書く時など普段の利き手を使います。色んなスポーツもしてきたのですがダーツ、ボクシングなどもサウスポーで練習して今では逆にサウスポースタイルの方がうまくできるようになりました(笑)
・我慢する…これは今でも修行中ですが何か感情的な情動に流されそうになった時に一旦間を置いて我慢するということです。アンガーマネジメントなどにも6秒我慢するというのがありますが、これは前頭前野を鍛えるにはもってこいですね。しかしここで必要なことは【我慢した後の思考】です。我慢した後に俯瞰して物事を見る習慣をつけないとそれは【ストレスの継続】になってしまい、前頭前野を鍛えるどころか前頭前野の消耗になり、神経細胞が萎縮する可能性があるからです。この続きは次のブログで、ではまた
 

そういえば!友達がシャレオにパーソナルジムを開店!

こんにちは!広島ストレッチ政本です。 
そういえばなんですが、お友達がシャレオにパーソナルトレーニングジムを開きました。めちゃマッチョな友達です!(笑)

【アイ・ビルド】

というお店です!中広が一号店でシャレオが二号店だそう!凄いですね。マッチョな友達は基本一号店の中広にいるみたいです。
しかしシャレオってなんか響きが良いですね(笑) 
全くプライベートな話題ですみません。
ではまた!!

だるさについて~肉体?メンタル?脳?~

こんにちは、広島ストレッチ政本です。 
今日はだるさについて書いていきたいと思います。 
『だるさ』これってすごくざっくりですよね。なんとなく足が重いとかなんとなく肩がこるとか重い感じがするとかそんな感じです。
ちょっと前のブログで四肢タイプと体幹タイプについて話しましたが、四肢をベースに身体を使う方はとくにこのだるさを感じやすい傾向にあります。じゃあなぜだるいのか?
ここで『だるさの原因』という言い方をしてしまうとこれは個人個人で違います。スポーツをしている人のだるさとデスクワークをしている人のだるさの原因が違うように人それぞれです。
ここでだるさを疲労として置き換えた時に見えてくるのが肉体的疲労なのかストレスなどによるメンタル脳的疲労なのかという大別が出来ます。
・肉体的疲労は読んで字のごとく肉体活動による筋疲労といえます。これはデスクワークでも起こります。『長時間同じ姿勢で作業する』という活動です。これは単純に一時的な血行不良、神経伝達の遅延、などでだるさを認知するというものです。

・メンタル脳的疲労はいわゆるストレス反応によるものです。ストレスを感じると一般的には下垂体や副腎からホルモンを分泌して自己を守る働きを行いますがこの時に脳の前頭前野と言われるポイントでも活動が行われておりストレスによる処理を理性的な判断として行っています。この際に大量の酸素を消費してしまうので副産物として活性酸素というやつが出てきます。これらが処理できない範囲まで出来てしまうと身体に『疲労』として現れるというわけですね。

これらの対処方法は基本的には休養なのですが現代人にそんな時間は無い!それならばと前頭前野を鍛える!なんてのもあります。この辺りは色んな情報がありますので是非調べてみてください。

しかしここで疑問が出てきます。いつもは耐えられる程度のストレスなのに猛烈にだるいのはなぜ?とかこの時期になるとどーもだるさが取れないのはなぜ??とか、歳だからか!?とか考えますよね。

ここで自分がお伝え出来るのは
『適切な身体の使い方』です。
この疲労についても適切な身体の使い方が出来れば適切な呼吸が出来る(酸素、代謝効率)し、適切な寝方、適切な歩き方、適切な座り方、適切な運動、全てに繋がってきます。
次回は前頭前野のお話をしていきたいと思います。
ではまた

<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

PAGE TOP